備忘録。

生存報告です。

何をしてようと夏は終わる。

 

若者のすべて

若者のすべて

  • provided courtesy of iTunes

今が30度超えてようと、「若者のすべて」を聞いたら夏は終わり。

バイバイ、夏。

 

秋田の転職活動はまだ続いてて。

こちらの転職活動で困ることは数点。「車を用いた営業経験3年」や「法人向け訪問営業5年」等の必須条件を書かれると手が出せない。そして何より安い。希望額を上げるとすぐに現れる仙台勤務。

 

どうすればいいのかわからず、何より自分の意志がよくわからず。

秋田に住むと言えばこっちが怒って。実家に帰ると言えばあっちが怒って。

それぞれ考えがあって怒ってくれてるのだろう、どっちかなんて決められるわけなく結局ずーっとひとりで悩んでた。東京に行きたいから3人分自分の身体がほしい。いや、欲は言わないからふたりほしい。

 

やることがないのでハローワークに行くのが習慣化となり、いつも素通りするポスター類を眺めていると、名刺サイズのカードを見つけた。秋田市役所にお悩み相談ができるらしい。生活支援担当という場所に電話して、市役所に向かった。東京から来たことを伝え、職が見つからないんですと相談すると、「東京の人間が秋田の給料じゃ過ごせないよ。東京帰りなさい」との返答。その方が言うには秋田の方々は月10万で過ごしているらしい。そんな生活東京の人はできないでしょと。いや、できるわけない。本気で言ってるのかこの秋田市役所。まず何なんだこのお悩み相談課。そちらが他県からの移住を推進していたのに来たらこれかよと思って。勝手に悩みを相談させていただいたにも関わらず腹が立って帰った。

 

ひとりでぐだぐだ帰っていると友人からLINE。大学の友人。もうタイミングの良さよ。この前見たドラマ「dele」の中で、野田洋次郎さんがゲスト出演した回。人は二度死ぬというテーマ。身体的な死と、周りから忘れられる死というね。この誰一人とも関わりのない秋田にいてほぼほぼ自分は死んでいるような気がしてきたところの連絡。泣ける。

 

これから、理由なく住む場所決めたとしてもそこがきっと一番。

運命なんて便利なものでぼんやりさせて。

親に「福岡に帰って来い」と言われた。

 

才悩人応援歌

才悩人応援歌

  • provided courtesy of iTunes

あああああああああ。秋田公式Twitter風。

悩みはつきない。

 

秋田が金足農業で沸いていて、小さな空港に1,400人が集まって。寄付金が1億9000万集まったとか聞いて。

その同じ秋田で転職先が決まってない人がいるという。

寄付金余った分をなんかよく分からん理由つけて県民の僕に分けてくれないかな。

 

とは言え、内定は貰っていて。1点色の濃い部分(黒め)が気になっていたのでちょっと背中を押してもらおうと親に電話してみた。なぜ親に聞いたのだろう。

親から「そんなとこに勤めるために秋田に行ったのか?」「そんなとこいるなら福岡帰ってこい、食費は何とかなるだろ」と言われ。家賃じゃなかった。

背中を引っ張られた。もう働くって何なのさ。

 

ただ、ずっと片隅に思っていた地元に帰る怖さ。ずっと前から解ってた。

自分のウリがなくなる。

 

 

 

自分の人見知りがひどく、ここまで生きてきたのは「左利き」と「福岡出身」で成り立ってきた。

小さい頃は左利きなんだと気付かれるだけでなんとかなった。気付かれるだけできっかけができ、知人が増えた。今、ご祝儀のために筆ペンを使う度左利きを恨んでいるが、プラスマイナスで考えたら天地の差でプラスの能力だった。本当に助かった。大学で関東に出てからは福岡出身が活きた。自分の名前を覚えてもらえなくても、福岡の人とだけ知ってもらえれば次自分から声を掛けても大丈夫かもと思えた。様々行ったバイトの結果、たくさんの方とお会いでき少し人見知りが軽減できた。

就職先の職場でも。まずは上司と接することが何より大事という考えだった自分は、何でも聞かずにできてしまう同期とは真逆で何でも聞いた。東京出身の先輩方にとっては勤務先の新橋はもちろん、表参道や上野などがあまりに無知な僕に対してとても可愛がっていただいたと思う。秋田に引っ越してきて、まず言われる「福岡出身で何故秋田に来たの?」の質問。よし来たと思った。

 

福岡を離れて10年弱、福岡という看板にずっと抱きついて生きていた。そんな状況で福岡に帰ってきたらどうなるのだろう。福岡の看板は当然みんな持っていて、福岡を抱いて歩いてる僕とは違い福岡県民は気にしてないでしょ。さらに僕の大事に抱いている福岡は18歳の頃のもの。まさか糸島が話題になるなんて思ってないし、HKTもなかった。ホークスタウンもなくなったし「日曜の夜は、家族みんなでナイトシャッフル」の番組ももうない。知識が古い。

3年ちょい勤めた新橋の話をすればいいのだろうか。表参道を通勤していた話をすればいいのだろうか。別に金持ってなかったから話に中身がないし、そもそも誰が興味を持つんだ。みんな福岡が一番の街なのに。日本三大都市は「福岡・大阪・東京」の福岡なのに。ウリがない。

 

「サバイバル・ウエディング」というドラマがあって。主人公の実家は福岡。あまり福岡以外の人が博多弁使うのは好みじゃないが、やっぱり実家感があるのは博多弁だと思う。秋田に来て初日の夜はテレビCMの川口春奈さん、ラジオから聞こえる長濱ねるさんの方言でホームシックにより初めて泣いた。

当然福岡に帰りたい気持ちもあるが、帰ったらもうこれ以上の保険はない。福岡という大きなクッションがあるからどこの街でもやっていけると思ったのであり、クッションに着いてしまえばもう起き上がれなくなりそう。

 

もう友人にご祝儀を送っている年齢なのに自分の足場も固まらず本当に情けない状況。

僕が歌う僕のためのラララ。

せめてウリを見つけるまでは、もう少しここで頑張らなきゃ。

想定内と想定外の決勝。

movie-s.nhk.or.jp

 

いよいよ。甲子園の決勝が行われるということで。

BS朝日で見ていたのでNHKのイメージソングである福山さんの曲聴いてませんでしたが、

この「甲子園」という曲、

100年前から続いてきた『つながり』が100年後にも続いていってほしい

という意味を込めているようで。

第1回開催の秋田高校以来の決勝出場という、100回かけてようやく繋がった秋田県代表「金足農業高校」の盛り上がりがすごい。

いや、今や秋田県民の自分だから断然金農側を応援するんだけど。にしても完全に大阪桐蔭がヒールになってしまってて何だかなぁと思ってしまう。

 

 

yakyutaro.jp

野球太郎では1月、センバツ前から大阪桐蔭を「銀河系軍団」として取り上げてて。その期待にセンバツでしっかりと応えてきた本物の実力校。

全員プライドからか、かっこいいんだよ。大阪桐蔭

 

何より選手だけじゃなくてブラスバンドまで。

もう、才能にあふれてる。

 朝日系列の嵐「夏疾風」も新曲なのに登場。

福山雅治「甲子園」も。まだ楽譜ないのに。

生徒さん達の耳コピらしい。こんな才能がスタンドに。

 

www.asahi.com

すごく買うか迷ってます。

 

もうすぐ最後の甲子園。

そもそも足がつる人が多発していた今大会。

僕が見てた野球漫画のピンチは大体試合中のケガ。

そんなの見たくないので、どちらのチームも最後までケガなくいい思い出を作ってください!!

主役がいっぱい。

 

青と夏

青と夏

  • provided courtesy of iTunes


Mrs. GREEN APPLE - 青と夏

青と夏のPVを見たので。夏が始まった感。

冒頭は失恋したってことですよね。

「私はこの世界で、脇役なんだと知った」

青い。つらい。 

 

秋田に引っ越してもうすぐ2ヶ月となりますが、

秋田から遠い甲子園が盛り上がっております。

秋田県立金足農業高等学校。準決勝まで上ってきました。

秋田代表が決まった翌日から「金足農業めざせ全国制覇」という新聞社のポスターが各コンビニに貼られてて。

あまり秋田を知らなくて本当に失礼だけど、いやいや全国制覇なんてお兄さんと思ってたらこの快挙。すごいです。

いろんな記事も出てますが、やはり金足農業の主役はピッチャーの吉田くん。ストレートにもギアがあるようで。前半上げて、中盤抑えて、終盤は最高速度が出るという。3ボール0ストライクのカウントになっても冷静に抑えててどうなってるんだろこの人と思って。完投のために球数少なめに打たせて取るとかなく、しっかりカウントを使って三振を取っていくから。魅せてくれます。

 

じゃあ、他の選手は「脇役」か。いやいや。

1回戦目は1番セカンドの菅原くんが2打点。

2回戦目は5番センターの大友くんの勝ち越しホームラン。

3回戦目は6番ファーストの高橋くんが横浜相手に逆転3ランホームラン。

準々決勝では9番ショートの斎藤くんが近江に2ランスクイズ

本当に全員主役。

9番の斎藤くんが毎度初球にバントするフリをするのは個人的に好みではなかったので、近江の2年ピッチャーは初球ど真ん中スローボールでも投げてやれと思ってましたが、あの最後の場面で上手くバント決められたのはすごかった。もしバントミスで内野フライになって、あえてゴロにするという吉田くんの仕返しとかされてたら。あの場面はトリプルプレーもありえたので。そしたら負けてたんですから。

そんなにバントって簡単じゃないですからね。あんな曲がるカーブ投げる近江相手に。すごいすごい斎藤くん。

 

ちなみに。今回駅近くの「なかいち」という商業施設で秋田の方々に混ざって応援してました。

一番歓声が上がったのは最後のサヨナラだとして。他に盛り上がったのが回の途中のスタンドインタビュー。スタンドの応援の方を知ってらっしゃったのかな。地元感があって好きでした。

だから、スタンドで応援している人にも秋田から応援してましたよ。スタンドの皆さんも主役でした。

 

あの球場に脇役なんかいません。

ガンバレ!

渡り鳥みたいな生活がしたい。

また過ぎてしまった。

8月10日、焼き鳥の日だそうで。

豚バラ食べてない。

あーーーーーーーー。地元帰りたい!!!

 

タレと塩問題

焼き鳥のタレと塩、どっちを選ぶか。

どっちでもいいんだけど、たまに試す人いて。

陰であいつタレで食べてたって言われるという。

過去言われた経験があるの。

だから心理戦よ。タレ、塩どっちか決めてって言われたら正解分かんないしもう「ざわざわ」。脳内カイジ

本当にどっちでもいい。全部塩でいいし、タレでいい。

何かもう塩だれみたいなのほしい。天下一品の「こっさり」みたいな中間の。

 

夏と冬問題

何度も言ってますがいま東北にいて。

住んでみてわかったことがひとつ。

夏は東北や北海道で過ごすのが一番だと思う。

お祭りひとりで行ったけど、人多くても全然難なく過ごせる。

暑くない!ひとりだからかな!

 

祭り終わったあとも竿燈見せてくれた。

女性の方のはっぴ姿もかっこよかったな。太鼓、かっこいい。

すごいんだよ。竿燈まつり。前と被っちゃうから書くのはやめておきますが。

 

rtsubo.hatenablog.com

ただ、問題は冬。九州人なので雪の暮らし方とか知らなくて。

いま歩けている地面が全部雪で覆われるわけでしょ。

雪かきで亡くなるニュース多すぎてさすがに恐怖。

 

二拠点生活、目指すは「こっさり」

将来40℃が普通の夏も嫌。雪が積もって雪かきに人生を費やす冬も嫌。

だから僕の経験が全部活きる「夏・秋田。冬・福岡」の生活がしたくて。

ここは「こっさり」を取るべきと思って。

これで帰省もできる。大好きな地元。完璧。

全体的にも流行ればいいのにな。

 

ただ、そのためには問題が山積みな訳で。塩とタレみたいな数秒で解決するどうでもいい問題じゃない。

  • 家賃が倍

当たり前だけど家賃が倍になる。東京じゃないだけまだいいけど、ワンルームアパートでも家賃2つは負担が重い。相当稼いでいるのが前提。

  • 空き家の時期がある

当然身体2つないので家が空くわけで。その時期は完全に無駄な出費。

だから賃貸だと笑えない献上。購入か、せめてマンスリーしかない。いやいや、購入って、、

  • 職が移動を許さない

普通そんな私情で頻繁に動く人は許されないだろうと思い。

勤務の仕方も考えないと。そもそも雇われの立場でこれができるのか。

 

本当に備忘録になってしまった。

ただ、馬鹿な話だと思うだろうけど、二拠点生活は最近話題にはなっていて。

president.jp

東京+2時間で行ける範囲の二拠点だけど。

東京は結局一番住みやすい街だと思う。独身貫くなら毎日歩いても東京は飽きないし。ひとりで過ごせる場所がたくさんあるもん。内気な僕にはおすすめ。ただ、高い。

対して地方は会話が必要で。先日乗った電車は改札なくて駅員さんに渡すタイプだったからね。内気だろうと人との関わりが大事。でも、安い。

絶対大変だとは思うんだよね。何度も行き来するの。

単に都会と田舎に住みたいなら別に東京と神奈川の足柄あたりも良いと思うんだけどな。

職のない街

どんな夢物語語っても現実は無職。

ここ数日エージェントさんを利用して職を探しているところ。

なんか仙台の求人混ざってないかな?と思ってたら、とうとう東京の求人も入ってきました。

まさかの逆輸入。また戻るのかな。

 

f:id:rtsubo:20180811122129j:plain

 

お盆明けからとりあえず面接は受けていくけど。

堂々と年間休日90日と載せる秋田の企業様もいて素晴らしいと思った。

これ受ける人いるの?本当に?それで人材不足とか言ってるの?

いや、魅力ある職業なら働くんだけどね。8月の屋外で行うオリンピックボランティアよりはいいか。

 

 

長期戦になる可能性があったので、登録しておいた「クラウドワークス」。

crowdworks.jp

在宅ワーク

そこでブログライターの手伝いを行って。

適当に芸能人の名前調べたら出てくる「あの女優がヘビースモーカー?」的な記事を書く人。

これで大元は儲けてるんだなーと思った。

いくつか書いてみて、芸能人の方に悪いと思って休止中。

他人のプライベートでお金貰うって複雑。

 

自分でブログを作って書いてみることにして。

どうやって収益を得ているのかと思ったらアドセンス、広告収入で。

とりあえず広告出してくれるGoogleさんに審査を出してみて。

分量が足りなくて落ちた。やっぱり1記事1000文字じゃ短いみたい。

それでこのブログをちゃんと書こうと思って。そもそも備忘録だし。話題は自分のことだし。1000文字を超す練習を。

この年になってたくさん失敗しまくってるの楽しい。

 

 

渡り鳥みたいに季節で自分が移ってく二拠点生活、叶えられるといいな。

季節によって飛んで、自分で過ごしやすさを求めたい。

なんか、焼き鳥の話をしたの不謹慎だったな。

 

天下一品のテーマ

天下一品のテーマ

  • provided courtesy of iTunes

今日の曲。

こっさりだったので天下一品のテーマ。サイサイ。

自分はこってりしか頼みません。